産婦人科

【診療内容】


産科部門

●モットーは“24時間365日”
 当院は四国中央市内において周産期医療が可能な唯一の病院です。そのため、分娩予約の制限を行わず、急な里帰り分娩もすべてお引き受けします。夜間・休日などの救急診療も24時間体制で対応します。当院で対応が困難な早産や合併症妊娠などのハイリスク妊娠については、近隣の母子周産期医療センター(四国こどもとおとなの医療センター、愛媛大学医学部附属病院、県立新居浜病院)に協力いただき、安全かつ迅速に対応します。

●妊婦健診
 妊娠中期(26〜28週)までは4週間毎、中期〜後期(36週)までは2週間毎、後期からは1週間毎の妊婦健診を行います。胎児の超音波検査(4D検査を含む)は毎回行っておりますが、特に妊娠初期(20週前後)と中期(30週前後)の2回、 胎児超音波外来として心臓や内臓の構造など精密なスクリーニング検査を行います。
 助産師外来(予約制)では、助産師の専門性を生かしたきめ細やかな保健指導を行います。正常な経過をたどる妊婦さんを対象に、正期産(妊娠37週以降)から助産師も妊婦検診を行います。
 お薬を飲まれている妊婦さんで、妊娠中の胎児や授乳への影響について心配をされている場合には、「妊娠とくすり相談センター」への問い合わせを仲介させていただき、正確なデータに基づいたカウンセリングを行います。

※2019年4月よりスタッフ減員に伴い、午前中の妊婦健診(予約)を8:30〜10:30とさせていただきますが、新患や急患の患者さんの診察はこの限りではありません。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願いいたします。


助産師外来

1.助産師とは
 助産師とは、『妊娠中の医学的観察、指導、ケアを行い、新生児の診察、沐浴など、妊娠から出産、育児まで母子の健康を守る』専門職のことです。 一般的には『出産に立会い、赤ちゃんを取り上げる』といったイメージが大きいかもしれません。 しかし、実際にはそれだけにとどまらず、妊娠中から出産に向けての準備を行ったり、出産後も母乳育児を支援したり、 家族計画の指導をするなど女性の一生に寄り添い、支援する役割を担っています。

2.助産師外来とは
 助産師外来とは、通常の妊婦健診に加えて、助産師と一緒に出産や育児について考えていく外来のことです。 病棟でお産の介助や産後の保健指導などを行っている助産師が担当しています。
 妊娠初期、中期、後期に助産師外来を受けていただきます。ちょっとした身体の変化、不安に思うこと、出産のときの過ごし方、 産後の乳房の変化や母乳育児についてなど、なんでも相談してください。妊娠中からじっくり妊婦さんの気持ちに寄り添い、 妊婦さん自身が、その人らしく出産を迎えられるように支援していきたいと考えています。
助産師1

3.助産師外来での妊婦健診
 妊娠36週になり、医師が正常な妊娠経過と判断すれば、助産師外来での妊婦健診を受診することができます。 助産師外来での妊婦健診の次の予約は医師の診察となり、1週間おきに医師と協働して妊婦健診を行っています。
 内容は医師の妊婦健診と同じです。尿検査、血圧、体重測定、腹囲、子宮底測定、NST(胎児モニタリング)、超音波検査を行います。 内診は、状況に合わせて行います。医師の診察が必要と判断した場合は、健診後に医師の診察となることもあります。 出産に向けて助産師とゆっくりと話し合いながら、心と身体の準備を整えましょう。
助産師2

4.四国中央市産後ケア事業
 2017年より当院では四国中央市産後ケア事業に取り組んでいます。産後ケアとしてデイケア・ショートステイの受け入れをしています。
 利用対象者に関してはこちらを参照してください。

5.2週間健診
 退院して赤ちゃんとの生活が始まると、赤ちゃんのお世話や授乳、お母さんの身体について、さまざまな悩みがでてきます。そこで、当院では赤ちゃんとお母さんをサポートするために、『2週間健診』を行っています。
 ≪対象となる赤ちゃんとお母さん≫
  1.低出生体重児(2500g未満)や早産(37週未満)で生まれた赤ちゃんとお母さん
  2.入院中に母子同室ができないまま退院となった赤ちゃんとお母さん
   ※赤ちゃんが他の病院に転院になった場合はお母さんのみで受診できます。
  3.赤ちゃんのお世話や授乳について相談したい、育児を手伝ってくれる方が少ないなど、子育てのサポートが必要な赤ちゃんとお母さん
   詳しくはこちらを参照してください。

●過去6年間の診療実績
2013 2014 2015 2016 2017 2018
分娩件数 430 420(-2.3%) 398(-5.2%) 370(-7.0%) 355(-4.1%) 307(-13.5%)
(内 帝王切開) 47 65 65 62 63 59
四国中央市内の出生数 695 665(-4.3%) 698(+5%) 655(-6.1%) 600(-8.4%) 575(-4.2%)
※当院で管理させていただいている分娩数は例年減少傾向にありますが、四国中央市の人口減少に伴う出生数の減少率とほぼ同程度であり、他施設への流出が増加しているわけではありません。


婦人科部門

●幅広い疾患に対応
 当科では良性性疾患から悪性疾患、救急疾患にわたって、ほとんどすべての婦人科疾患に対応しています。
 子宮筋腫や子宮内膜症による過多月経や月経困難症に対しては、手術療法だけでなく低用量ピルや、子宮内黄体ホルモン放出システム(IUS)による保存的治療を行います。
 結婚後1年を経過しても妊娠が得られない不妊症は、10〜20%の夫婦に認められます。当科では原因を調べるスクリーニング検査と,排卵誘発や人工授精(AIH)までの一般的治療に対応が可能です。体外受精など高度生殖補助医療(ART)が必要な場合は,専門施設への紹介を行います。
 流産の原因のほとんどは偶然生じた胎児異常によるものですが、2回以上の繰り返す場合は不育症と診断され、両親のどちらかあるいは両方に原因が存在する可能性があります。当科では原因を調べるスクリーニング検査を行い、結果に基づいてカウンセリングを行います。
 更年期には女性ホルモン(エストロゲン)の低下により、のぼせや冷えなど不快な自覚症状だけでなく、骨粗鬆症や高脂血症・動脈硬化による脳卒中・心筋梗塞のリスクが増加します。当科ではホルモン補充療法(HRT)を中心としてトータルケアを行います。

●がん診療  当院は2015年10月に「日本がん治療認定医機構認定研修施設」の指定を受け、院内にがん診療支援センターを設置し,職員一丸となってがん診療に力を注いでいます。
 当科では代表的婦人科がんである「子宮頚がん,子宮体がん,卵巣がん」すべての診断と治療に対応し、診療ガイドラインに沿った根拠(エビデンス)に基づく治療を行います。  
   
●低侵襲手術
 当科では悪性腫瘍手術を除く婦人科手術(子宮筋腫,子宮内膜症,卵巣腫瘍など)のほとんどを内視鏡(腹腔鏡)を用いて行っています。腹腔鏡手術は開腹手術に比べて美容的に優れるだけでなく、術後の痛みも少なく、早期の回復と退院が可能です。

● 過去5年間の腹腔鏡手術実績
腹腔鏡手術

当院での腹腔鏡手術件数は決して多くありませんが、少しでも患者さんの負担を軽減できるよう、これからも努力いたします。

スタッフ紹介

お問い合わせ・連絡先