小児科

【診療内容】

小児科一般、新生児の診療及び小児保健事業(予防接種、乳児健診)を行っています。
専門的な治療が必要な患者さんは、四国こどもとおとなの医療センターや愛媛大学医学部附属病院と連携をとり、日常生活の支援を行っています。
専門外来として、新生児疾患(早産、低出生体重児など)および発達障害児の発達外来、アレルギー疾患(気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー)、内分泌疾患、腎疾患などの小児慢性疾患を診ております。

【検査・処置・手術】

一般小児科における検査を行っています。
1.脳波
2.低身長に対する精査
3.学校検尿陽性者に対するフォローアップ
4.小児肥満に対する栄養指導
5.シナジス投与
6.アレルギー検査(血液検査、皮膚テスト)
7.発達障害児診療

【主な医療機器】

特記すべきものはなし

スタッフ紹介


四国中央市の小児救急医療体制について

○小児救急の現状


○小児救急医療機関へのかかり方


○小児救急医療に対する基本方針


○小児救急医療をより良くするための具体的な取り組み



◆リンク

四国中央市救急医療体制について(成人も含む)(四国中央市子育て応援隊ホームページより)

(外部サイトhttp://kodomo-qq.jp/

(厚生労働省ホームページhttp://www.mhlw.go.jp/topics/2006/10/tp1010-3.htmlより)

お問い合わせ・連絡先