麻酔科

【診療概要】

 麻酔は手術を受けられる患者さんにとって絶対必要なもので、麻酔なしの手術というものは現在では存在しません。手術日が決まった患者さんは、手術への不安に加えて、麻酔についてもたくさん気になることや心配なことがおありだと思います。当院では、日本麻酔科学会の認定を受けた専門医、指導医が手術に立ち会い、適切な麻酔を提供することで安心して手術が終えられるように麻酔管理を行っています。また、外科系医師、手術室看護師、臨床工学技士、薬剤部、検査部と緊密に連家尾をとることで、術前から術後までを含めた医療の質を高めるべく、総合的な周術期チーム医療を行っていることも特徴です。
 麻酔の方法としては、全身麻酔、硬膜外麻酔、脊髄くも膜下麻酔(いわゆる半身麻酔)、末梢神経ブロック、局所浸潤麻酔などがあります。うけられる手術及び患者さんの手術前の状態を麻酔科医が総合的に判断して、安全かつ確実で質の高い麻酔の方法を選択します、選択される麻酔の方法が組み合わせにより複数となる場合もあります。どんなに大きな手術でも、手術後に患者さんから「もう終わったのですか、思っていたよりも楽でした」と言っていただけるような質の高い麻酔管理を目指しております。
 手術前には担当の麻酔科医及び手術室看護師が説明にまいります。ご不明な点や気になることなど、遠慮なくお尋ねください。

スタッフ紹介

お問い合わせ・連絡先