四国中央病院が平成23年11月1日付けで
愛媛県がん診療連携推進病院
に指定されました。

『愛媛県がん診療連携推進病院』とは、

厚生労働大臣が指定する「愛媛県がん診療連携拠点病院」の機能を補完し、
専門的ながん医療の提供や地域のがん診療の連携協力体制を担う病院で
がん診療連携拠点病院に準ずる病院として位置付けられています。


当院における『愛媛県がん診療連携推進病院』としての役割
集学的治療及び標準的治療等の提供
肺がん、胃がん、肝がん、大腸がん、乳がん(5大がん)と
子宮がん、卵巣がん、前立腺がん、腎尿路系がんについて、
手術、放射線療法及び化学療法を効果的に組合わせた集学的
治療の提供
各学会の診療ガイドラインに準ずる標準的治療等がん患者の
状態に応じた適切な治療の提供
化学療法の提供 外来化学療法室
緩和ケアの提供 緩和ケアチーム
病院間の協力体制 地域医療連携室
院内・院外がん登録体制 診療情報管理室
セカンドオピニオンの提示体制 診療科(外科等)
がん患者相談支援の提供 患者支援相談室

当院ではがんの医療提供を推進するために
がん診療支援センター
を設置しています。

 詳しくは各診療科又は患者支援相談室に、お問い合わせください。

お問い合わせ・連絡先