教職員職場復帰支援事業

四国中央病院では教職員の皆様の職域病院として、うつ病など心の健康問題で休職中の教員を対象とした職場復帰支援プログラムを実施しています。

リーフレットダウンロード


参加対象者

・うつ病やストレス関連疾患が原因で休職中の教員で、病気の回復期にある方
・定期的に医療機関のフォローを受け、症状・生活リズムがある程度安定している方
・復帰を視野に入れている方

費用について

健康保険が適用されます。
自己負担額は、1回の利用で1,920円(給食費込み)です。
(ただし、保険点数の関係で若干変更となる場合がございます)

主なプログラム内容

◎レクリエーション
芸術・工作(例:エコクラフトやグリーティングカード作成)で集中力を高め、スポーツレクリエーションで体力向上を図ります。

◎認知行動療法
コラム法などを用い、自分の考え方の癖やパターンに気づき、客観的に見つめ、対応していく技術を身につけ、メンタル面での活性化を目指します。 またストレスの仕組みやストレス反応について学習し、復職後の生活に生かせるようにしていきます。

◎アサーショントレーニング
自分の人間関係の在り方を見つめ、さわやかな自己表現を身につけます。

◎人間関係トレーニング
対人関係についてを様々な面から見つめ直していきます。

◎模擬ロールプレイ
教室でのやり取りや、復帰した場合のストレスフルな状況を想定し、ロールプレイ形式で体験します。

※その他、さまざまなプログラムを用意しています。

利用までの流れ

申し込み受付は随時行っております。 人数の関係など、何らかの事情で参加できない場合もあります。ご了承下さい。

STEP 1 主治医に当院への職場復帰支援プログラムに参加したい意思を伝え、参加可能か、参加できる時期などについて相談してください。また所属校の学校長に連絡し、協力していただく必要のあることをお伝えください。申請書に学校長記入欄がございます。その後、当院のメンタルヘルス係まで電話で連絡していただき、メンタルヘルス相談の予約をして下さい。 説明用のPDFファイルがございます。よければご利用ください。
STEP 2 予約日に来院していただき、心理療法士がお話しをお伺いします。その際、職場復帰支援プログラムについて具体的な説明をさせていただきます。その後、当院の医師の診察の予約を取ります。予約日については後日連絡いたします。
STEP 3 予約日までに主治医の紹介状を用意し、診察時にご持参下さい。
当院医師の診察を受けます。※ここまでに2週間程度かかります。
STEP 4 診察後、参加可能となりましたら、主治医より必要書類をお渡しします。初回参加日を直接デイケア室までご連絡下さい。

よくある質問と回答(Q&A)

【参加資格などについて】

Q1 私立学校の教員ですが参加できますか?
基本的には公立学校共済組合である教員で、現在精神的な疾患で休職されている方が対象となります。しかし、私立・国立学校に勤務されていても、小学校から高校までの教員に該当する方を例外的に受け入れる場合もあります。

Q2 事務職ですが参加できますか?
残念ながら参加できません。実際に教壇に立ち生徒を教えている方が対象となります。

Q3 他の病院に受診しながらでも参加できますか?
参加できます。他の病院に受診している方は、プログラム参加前に一度当院の医師の診察を受けていただきますが、主治医の変更などは必要ありません。

Q4 愛媛県以外の人でも参加できますか?
参加できます。通院に問題なければ、どの県の方でも対象となります。


【プログラムについて】

Q1 プログラムにはどんな意味がありますか?
プログラムを通し、心理的な支えあいや交流を行い、自己の疲労感や不安感に対する気付きを学び、対人関係のスキル回復、向上を図ることを目的としています。
休職中のブランクを補う研修や技術スキルを高めるものではありません。

Q2 複数回の利用はできますか?
利用できます。一旦終了後、再度利用条件に当てはまることがあれば可能です。

Q3 毎回参加しないといけませんか?
初回日に参加の仕方について話し合います。できるだけそれにあわせて参加するようにして下さい。

【学校との兼ね合いについて】

Q1 学校で行う職場復帰支援システムとの併用はできますか?
併用は可能です。当院で実施するのは、医療機関による医療サービスとしてのプログラムであり、全く別のものです。

Q2 申し込みは学校を通す必要がありますか?
必要ありません。このプログラムは患者さん個人との契約で行う医療サービスのひとつです。参加を希望されるご本人が直接お問い合わせの電話をおかけください。 ただし、申請時には学校長が記入する欄があるため、プログラムへの参加を伝えていただく必要があります。

Q3 教育委員会とはどういう関係ですか?
医療機関としてのサポート施設のひとつではありますが、委託されているわけではありません。直接的な関係はありません。

Q4 参加状況が現場での復帰に影響しますか?
当プログラムは医療サービスの一環であり、個人情報は保護されます。したがって、プログラム中の様子などを第三者に知らせることはありません。ただし、参加者ご本人の希望により、情報提供等を行うことは可能です。

組合員の皆様へ

お問い合わせ・連絡先